到着と乗り継ぎ

乗り継ぎの予定がある方へ

ビザなしでニュージーランドに入国できるパスポート(日本はこれに該当します)をお持ちでない場合、乗り継ぎのみでも有効なビザ(もしくはそれに相当するもの)が必要です。クライストチャーチ空港の乗り継ぎ関連施設は24時間営業ではありません。予めご了承ください。 

乗り継ぎの手順

国内線から国内線へ

同じ航空会社の便で最初に搭乗手続きを一括で済ませ(スルーチェックイン)、乗り継ぎ便の搭乗券も発行済みの場合は、チェックインの際に預けた荷物は自動的に積み替えられ、最終の到着空港で受け取ることになります。異なる航空会社の便を乗り継ぐ場合は、受託手荷物を一旦受け取ってから、次の便の搭乗手続きを通常と同様に行ってください。 

国内線から国際線へ

受託手荷物の取り扱いについてはご利用の航空会社にお問合せください。航空会社間の取り決めにより、国内線から国際線へスルーチェックインできる場合があります。なお、安全対策措置により、国際線をご利用の際に機内持ち込み手荷物にできないものがあります。機内持ち込み荷物に関する制限についてはこちらをご覧ください

国際線から国内線へ

受託手荷物を受け取り、税関・検疫を通って、国際線到着ロビー内の乗り継ぎカウンター(Connections Desk)へお進みください。 

国際線から国際線へ

同じ航空会社の便で最初に搭乗手続きを一括で済ませ(スルーチェックイン)、乗り継ぎ便の搭乗券も発行済みの場合は、乗り継ぎラウンジ内で次の搭乗便をお待ちください。チェックインの際に預けた荷物は自動的に積み替えられ、最終の到着空港で受け取ることになります。異なる航空会社の便を乗り継ぐ場合は、受託手荷物を一旦受け取ってから、税関・検疫を通って、国際線到着ホール内の乗り継ぎカウンター(Connections Desk)へ進み、再度荷物を預けてください。なお、安全対策措置により、国際線をご利用の際に機内持ち込み手荷物にできないものがあります。 機内持ち込み荷物に関する制限についてはこちらをご覧ください

夜間の空港利用について(宿泊禁止) 

空港ターミナル内には就寝・宿泊用の施設はなく、床や備え付けの椅子、手持ちの寝具などで眠る ことは禁止されています。

深夜から早朝にかけては係員がターミナル内を巡回し、その場で待機しなければならない状況であるかどうか、声をかけて確認しております。

搭乗便が22:30より後の到着もしくは08:00より前の出発であることを証明できる旅行者に限り、 ターミナル内の椅子に数時間着席するか、有料ラウンジで待機することが可能です。有料ラウンジはNZ$5で、対応人数には限りがありますが、コヒー・紅茶、テレビ、座席がご利用いただけます。

空港待機は直前もしくは直後に搭乗便の利用があることが前提となります。

なお、搭乗便が22:30より遅くに到着した旅行者は、朝08:00までに空港を出発する手配が整って いることを証明できなければ、ターミナル内で待機することはできません。

また、搭乗便が22:30より遅くに到着し、かつ、朝08:00前の出発便に搭乗する場合でも、空港を 無料宿泊施設として利用することはできません。

出発ターミナルは最終便の離陸後、閉鎖されます。以後、出発便の待機はできなくなりますので、 空港外の宿泊施設に移動してお過ごしください。

早朝出発便のチェックイン開始時間については、ご利用の航空会社に確認してください。通常、国際線始発便チェックインは03:30より開始されます。

クライストチャーチの宿泊施設の予約は国際線到着ホール内の i-SITE にて承ります。電話予約は (03) 374 3980、海外からは+64 3 353 7774 にて受け付けて    います。Eメールはこちらまで:isite@isiteairport.nz